村松 岐夫/監修 恒川 惠市/監修

東洋経済新報社 2015.7

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 持禁区分 状態
オーテピア高知図書館 3F健康安心防災 4T/369.31/タイ/8 1107975516 一般   利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
オーテピア高知図書館 1 0 1

資料詳細

タイトル 大震災に学ぶ社会科学 第8巻
著者 村松 岐夫 /監修 恒川 惠市 /監修  
出版者 東洋経済新報社
出版年 2015.7
ページ数 8,304p
大きさ 22cm
一般件名 東日本大震災(2011)
NDC分類(9版) 369.31
内容紹介 メディアとソーシャルネットワークが東日本大震災後の適応に果たした役割とは。市民がメディアとの接触や対人的なネットワークを通じて大震災のリアリティをいかに受け止め、心理的・社会的に適応していったかを明らかにする。
ISBN 4-492-22363-5

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
震災時・震災後の情報メディア環境が受け手に与える心理的・社会的インパクト 1-26
災害研究における情報メディアの役割を考える 27-45
テキストデータを用いた震災後の情報環境の分析 47-84
震災期の新聞・TV、Yahoo!トピックス、ブログ記事と投稿の特徴 85-106
災害時における情報メディアの効果的活用のために 107-150
被災三県情報行動パネル調査 151-209
首都圏情報行動パネル調査 211-228
必要な情報が届くために 229-287
震災復興過程におけるメディア論からの教訓 289-297