ヘンリー・ブレイディ/編 デヴィッド・コリアー/編

勁草書房 2014.5

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 持禁区分 状態
オーテピア高知図書館 2F一般 /301.6/シヤ/ 1107577403 一般   利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
オーテピア高知図書館 1 0 1

資料詳細

タイトル 社会科学の方法論争
副書名 多様な分析道具と共通の基準
著者 ヘンリー・ブレイディ /編 デヴィッド・コリアー /編 泉川 泰博 /訳 宮下 明聡 /訳  
出版者 勁草書房
出版年 2014.5
ページ数 17,432p
大きさ 22cm
一般件名 社会科学
NDC分類(9版) 301.6
内容紹介 どうすれば「科学的」な研究ができるのか? 真にすぐれた分析手法とは? 定量的手法と定性的手法の長所を効果的にいかす方法を考察。方法論争が根底から理解できる、社会科学の必読論文集。用語解説つき。原著第2版の翻訳。
ISBN 4-326-30231-4
ISBN13桁 978-4-326-30231-4

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
政治学方法論におけるめざましい変化 1-12
方法論の再検討 17-34
基準の追求 35-67
定量的研究様式は定性的研究者にとってどの程度有効か 71-88
定量帝国主義の果たされぬ約束 89-95
社会科学の推論はいかに逸脱事例を見落としているか 97-107
定量的手法と定性的手法の架け橋 111-121
研究デザインの重要性 123-136
KKV批判,統計理論の見解,トレードオフ 139-175
因果的推論における説得力の源泉 177-217
第Ⅱ部はじめに 221-225
過程追跡と因果的推論 229-243
科学的探究のタイプについて 245-263
データセット観察vs.因果プロセス観察 265-270
過程追跡をどう教えるか 271
回帰分析に基づく推論 275-301
研究デザインに基づく推論 303-345