高野 明彦/著 吉見 俊哉/著

岩波書店 2012.8 (叢書震災と社会)

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 持禁区分 状態
オーテピア高知図書館 3F健康安心防災 4T/369.31/サン/ 1107105122 一般   利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
オーテピア高知図書館 1 0 1

資料詳細

タイトル 311情報学
副書名 メディアは何をどう伝えたか
叢書名 叢書震災と社会
著者 高野 明彦 /著 吉見 俊哉 /著 三浦 伸也 /著  
出版者 岩波書店
出版年 2012.8
ページ数 175p
大きさ 19cm
一般件名 東日本大震災(2011) , マス・メディア
NDC分類(9版) 369.31
内容紹介 東日本大震災後6カ月の地震・津波・原発事故関連のニュース報道を数量分析し、報道の中身の地域的偏差と視点の推移を検証。東日本大震災のデジタルアーカイブの構築を目指し、新たな情報学のありかたを提唱する。
ISBN 4-00-028528-5
定価 ¥1800

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
311情報学序説 吉見 俊哉 1-31
311情報学の試み 三浦 伸也 33-118
震災報道から見たメディア環境の変化 高野 明彦 119-154
311情報学への挑戦 高野 明彦 155-172