矢口 祐人/編 森茂 岳雄/編

東京大学出版会 2011.12

所蔵

所蔵は 2 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 持禁区分 状態
オーテピア高知図書館 2F一般 /210.75/シン/ 0111124182 一般   利用可
オーテピア高知図書館 3F書庫 /210.75/シン/ 1106730961 一般   利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
オーテピア高知図書館 2 0 2

資料詳細

タイトル 真珠湾を語る
副書名 歴史・記憶・教育
著者 矢口 祐人 /編 森茂 岳雄 /編 中山 京子 /編  
出版者 東京大学出版会
出版年 2011.12
ページ数 282p
大きさ 21cm
一般件名 太平洋戦争(1941~1945) , 真珠湾 , 歴史教育
NDC分類(9版) 210.75
内容紹介 真珠湾攻撃から70年。今もすれ違う「語られ方」の出会いと相互理解へ向けた教育実践の試み。日米双方の研究者と教員が、戦争の歴史と記憶を問い直し、教育の現場でいかに次世代に教えていくかを模索する。
ISBN 4-13-020300-5
定価 ¥3800

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
真珠湾の歴史・記憶・教育 矢口 祐人 1-17
真珠湾の記憶と歴史教育の壁 油井 大三郎 21-31
記念と教育 33-55
「文化戦争」における記憶をめぐる争い 米山 リサ 57-71
大衆文化におけるアジア太平洋戦争 73-95
マリアナ諸島で大戦を記念する日本人 97-119
教材としての東京裁判 戸谷 由麻 121-133
「真珠湾」を授業する 森茂 岳雄 137-149
記憶と表象 151-177
メディアの活用 179-214
参加・体験学習 215-248
訪問・交流活動 249-275