海津 一朗/編

同成社 2011.5 (同成社中世史選書)

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 持禁区分 状態
オーテピア高知図書館 2F一般 /216.6/キイ/ 1107882910 一般   利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
オーテピア高知図書館 1 0 1

資料詳細

タイトル 紀伊国【カセ】田荘
叢書名 同成社中世史選書
著者 海津 一朗 /編  
出版者 同成社
出版年 2011.5
ページ数 293p
大きさ 22cm
一般件名 和歌山県-歴史 , 荘園
NDC分類(9版) 216.6
内容紹介 1996年、紀ノ川河川敷から出土した石造連続堤防は、「江戸時代後期になってはじめて石造連続堤防ができる」という当時の常識を覆した。その石造連続堤防の調査をもとに展開された学際的研究の成果をまとめる。
ISBN 4-88621-560-4
定価 ¥6500

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
はじめに 海津 一朗 1-20
【カセ】田荘の地形環境 額田 雅裕 23-46
穴伏川流域用水群と文覚井 海津 一朗 47-77
紀伊国【カセ】田荘文覚井再考 前田 正明 79-106
【カセ】田荘の開発と文覚井をめぐる論争について 海津 一朗 107-116
文治検田取帳の基礎的研究 林 晃平 117-150
荘園遺跡調査報告 和歌山中世荘園調査会 151-190
和歌山県窪・萩原遺跡(【カセ】田荘)で確認された紀ノ川旧石積み護岸について 黒石 哲夫 191-209
【カセ】田荘域における中世集落関連遺構について 北野 隆亮 211-219
紀ノ川上流域における堤防遺跡の地形環境 額田 雅裕 221-236
紀ノ川流域荘園再考 海津 一朗 237-251
史料編 253-284
おわりに 海津 一朗 285-289